移住・農業研修体験ができる女性専用シェアハウス

土本観光果樹園

土本観光果樹園(佐川町二ッ野):土本誠さん

土本観光果樹園

ミネラルを多く含む堆肥による土づくりで有機栽培で 30 年以上!
高知ではとても珍しい「りんご」と「新高梨」などを栽培して います。

新高梨は農林水産大臣賞を3度も受賞しています。

日頃から農業研修生の受け入れもおこない、明るく、家庭的な雰囲気で農業研修ができます。

生産ロスを無くすよう、自家製のパンやジャムの加工品づくりも行っています。

オーナー土本誠さんは、かつて果樹園が豪雨による大被害に遭った時、両親が多くの方の協力を得て乗り越える姿を見て育ち、この道に進むこと以外は考えなかったという若き後継者として活躍中!

土佐deりんご屋さん

りんごと聞くと涼しい気候の東北・信州地方での栽培をイメージしますが病害への抵抗性が強く栽培に優れた台木を使用することで、高知のような温暖な地域でもりんご栽培ができます。

初代オーナー 土本鋼さん・照美さんご夫妻

初代オーナー 土本鋼さん・照美さんご夫妻

りんご栽培のきっかけは?

30年ほど前、鳥取へ梨栽培の研修に行った初代オーナーご夫妻に運命の出会いが・・・

矮化栽培のりんごを観た奥様の照美さんが惚れ込み、その熱意によって夫の鋼さんがりんご栽培を決意しました。
※矮化栽培(わいかさいばい)とは:樹体を小型に仕立て栽培管理や収穫の能率化をはかる栽培方法

栽培当初は、豪雨のため畑が土砂崩れを起こし大被害を受けるなどの様々な苦労を経験しましたが、ご夫婦で乗り越えて今に至っています。
この果樹園ではお客様が安心して食べられるようにと近自然農法で栽培されています。

お料理上手な照美さんは自家製パンやジャムも販売し、オーナー制度や農作業体験の受入れ、地元小・中学校への出前授業も積極的に行っています。

オーナーは二代目の誠さんに引き継がれましたが、ご家族一丸となって観光果樹園を盛りたてています。

土本観光果樹園

4 月初旬はりんごの花がきれいで絶景です

年間作物スケジュール

品種
りんご・・つがる、ジョナゴールド、ふじ など  
梨・・豊水、新高、新興 など

年間の作業(梨・りんご)
1〜3月  :剪定
4月    :受粉(人工交配)
5〜6月   :摘蕾・摘果
6〜7月   :袋掛け
7月下旬〜 :除袋
9月下旬  (りんごだけ)
8月〜11月  :収穫

年間作物スケジュール

こだわり

化学肥料を使わず、果樹園に土着する土壌菌(古代ジュラ紀に既に存在したとも言われている枯草菌)4種類と植物に吸収されやすいバランスのとれたミネラル 24種類を堆肥に混ぜて4ヶ月間熟成・ 発酵 させた 完熟堆肥を使った土づくりをしています。

次世代へ継承できるようにと蛍も生息できる環境整備にも携わっています。

土本さん風景

研修生への一言

高知では大変めずらしい「りんご観光果樹園」で、花見をはじめ収穫の作業を通じて老若男女のお客様と楽しく会話することができます。

専用の鋏を使う細やかな手作業が多く、集中力と根気が必要で時には辛くくじけそうに・・・
でもでも、作業ができたときの達成感はひとしお!

土本観光果樹園での経験を礎に、将来高知で農作物を私達と一緒に作りませんか。

土本観光果樹園

PAGETOP