高知市で1か月以上滞在の方に朗報!!

「高知市二段階移住支援事業費補助金」制度が2018年4月1日から開始しました。

① 比較的都市部である高知市内で移住・滞在する。(一段目)
② ①を拠点に高知県内の市町村を巡りながら、ずっと住み続けたいと思える自分に合った場所を見つけて、安心して移住する。(二段目)
上記①②の「すてっぷ移住(二段階移住)」を高知市がサポートします。 

※ 補助対象の諸要件があり、ご確認のうえ、高知市への事前連絡、交付申請への流れとなります。交付申請後、引越し費用や1か月分の賃貸料(共益費を除く)等の補助を受けることができます。 

補助金額の内訳は、①高知市でのお試し移住費用と②高知県内市町村3か所以上を巡る際のレンタカー費用の合計となります。
①一段階目となる高知市でのお試し移住費用
※ 上限20万円(実費、1千円未満は切り捨て)
※ 1か月以上の建物賃貸借契約を締結する物件に入居の場合が対象となり、建物
賃貸借契約を締結する前に高知市に連絡して補助申請をします。
・家賃1か月分(共益費・管理費・駐車場代は除く)
・礼金・仲介手数料・家賃保証料・荷物運搬料(引越し業者に依頼)等

 ②県内市町村を3か所以上巡るレンタカー費用
・高知市以外の県内市町村の移住相談窓口を巡る際に使用のレンタカー利用料1/2  
※ 上限2万円(実費×1/2、1千円未満は切り捨て)

 補助の対象】
高知県内での二段階移住を目的に、一段階目となる高知市内で1か月以上の建物賃貸借契約を締結する予定があり、以下の全てを満たす方が対象となります。

①高知県外在住の方で、高知県内で二段階移住を検討している。
②二段階移住先の検討のため、高知市を除く県内市町村の移住相談窓口を3か所以上巡ることができる。
③高知県が実施する「高知家で暮らし隊」に会員登録している。
④お試し移住の目的が「転勤」又は「入学・通学」に係るものではない。
⑤生活保護等による住宅に係る公共扶助を受けていない。
⑥過去にこの補助金を受けていない(同居者を含む)。
⑦過去に本市に住所を有していた場合は、高知市税を滞納していない。
⑧高知市事業等からの暴力団の排除に関する規則第4条各号のいずれかに該当しない。
⑨二段階移住のPR活動・アンケートに協力できる。
⑩二段階移住の検討状況について、高知市に定期的に報告ができる。
〈注意事項〉
※ 高知県外居住地の住民票写し等の提出が必要です。
※ 1か月未満の契約、旅館業法による施設(ホテル、旅館、ゲストハウス等)は対象外。
※「高知家で暮らし隊」の会員登録は、高知県のHP「高知家で暮らす」、FAX、郵送で入会手続きできます。
※ 補助金の予算には限りがあるため、補助を希望される方は、早めに高知市まで連絡することをオススメします。

高知への移住に興味はあるけれど、いきなりの移住はちょっと不安、どうすればいいのかわからないといった方にぜひ、オススメの制度です。
当シェアハウス土佐指南家も、高知市の滞在拠点として補助申請の対象となります。(1か月分の入居費が補助対象)

当シェアハウスを拠点に、身軽に高知県内を訪ねてみませんか。
高知県内の3市町村の移住相談窓口を訪ね、観光も楽しむご提案や補助申請などのご相談も承ります。

安心して高知での暮らしができるように、「主宰」の就農支援や地域づくりの行政での経験や「おかみ」の看護師・保健師の経験やキャリアコンサルタントの知識などをフルに活用して相談者に寄り添いながら、サポートしていきます。

<高知市移住・定住ポータルサイト>
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/kochi-life/top.html

<高知市移住・定住フェイスブックはこちら>
https://www.facebook.com/KochiCity.ijuteijujouhou/

 シェアハウス土佐指南家